朝日村新庁舎が竣工しました。

平成29年度末の本日、朝日村新庁舎の竣工・お引渡しを迎えることができました。

宮本忠長建築設計事務所との共同企業体として平成27年度の12月より基本設計を行い、約2年と3ヶ月の間、設計監理に携わらせていただきました。

村長の強いご要望もあり、徹底して木造にこだわり、住民の皆様から寄贈された木材、村の山から伐採したカラマツをふんだんに使用した村の象徴となり得る庁舎が完成しました。

これから家具の搬入、カーテン等の備品取付を行い、新庁舎での業務開始はゴールデンウィーク明けからになります。

実際にどのような庁舎が完成したのか、写真だけではなかなか伝わりませんので、一度朝日村へ足をお運びいただければ幸いです。

交流ホールに建立した2本の象徴木(樹齢300年と160年のケヤキ)、2階のホワイエから望む松本平は一見の価値ありです。(近くには美味しいお蕎麦屋さんやコーヒーショップもあります笑)

住民の皆様にはもちろん、各地から訪れる人々に愛される庁舎に成長していくことを願っています。

担当:土屋、倉橋

 

 

■建物全景

 

 

 

 

 

 

 

 

■建物外観

 

■南側よりメインエントランスを望む

 

■階段

 

 

 

 

 

 

 

 

■執務室

 

■室名サイン

 

■大会議室(議場)

 

■村長室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■地中熱ヒートポンプ機械室