松本市蟻ヶ崎児童センター現場見学

12月14日に現在建設中の松本市蟻ヶ崎児童センターの所内現場見学会を行いました。

木造平屋建ての児童センターになります。

地元の木材に触れることができるよう、内部の仕上げや家具に信州産のカラマツを使用しています。

子供たちがのびのびと遊べるよう、遊戯室は天井高8m以上の大空間としています。

 

■全景

■遊戯室(大空間を実現するための木造トラス組み)

■遊戯室(見学風景)

■遊戯室(外部足場より)

■建物完成イメージ

 

担当:土屋・小松