全旅連青年部北関東信越ブロック大会に参加しました。

3月18日、ホテルブエナビスタにて「平成30年度 全旅連青年部北関東信越ブロック大会in信州松本」が盛大に開催されました。

全旅連青年部北関東信越ブロック大会とは、群馬、栃木、茨城、新潟、長野の5県の若手旅館ホテル経営者様が一堂に集まり、意見交換や親睦を深め互いに切磋琢磨するための大会です。

私共設計事務所は、協定商社として、記念誌への広告掲載並びに大会当日は式典、商談会、懇親会に参加させていただきました。

~集い・繋がり・響きあう~のテーマのもと、参加者全員が観光業の現況と課題、将来の展望について思いを巡らせた大会だったと思います。

 

商談ブースはこのような感じです(ちょっと写真を欲張り過ぎたかも?)。お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。

 

大会記念式典にてご挨拶される青年部北関東信越ブロック長 齋藤忠政氏

 

基調講演は「Discover Japan」編集長 高橋俊宏氏

「メディアが注目する新しい観光」~「観光」から「旅」へのシフト~と題して今注目の観光地やこれからの宿泊施設に求められることをご講演いただきました。

「Discover Japan」、観光業に携わる方々が皆さんバイブルとおっしゃるこの雑誌、恥ずかしながら今まで購入したことはありませんでしたが、これから定期購読しようと思います!

 

基調講演を受けてのパネルディスカッションも内容が具体的で非常に興味深い内容でした。

・「Discover Japan」の取材先はどうやって決まる?

・これからのホテル、これからの旅館の存在価値ってなんだろう?

・日本版DMO(Destination Management Organization :地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人のこと)についての可能性

等々について活発な意見交換がありました。

 

式典の最後には協定商社が壇上に上がり、各々の製品・サービスについてPRしました。マイクを持つのは弊社所長小宮山です。

当日お会いすることができたお施主様、名刺交換させていただいた皆様、誠にありがとうございました。これからの地域の観光業のため、我々建築の設計事務所も既存の枠組みに捉われることなく邁進していきたいと思います。