自らの足で各地をまわり、建築を通じ日本文化の蘇生・再生を提案し実行し続けた人生であった。揺るぎない信念は多くの人の共感を集め、その人なつこい人柄も相まって、倉橋の思想に共感し賛同した経営者は全国に広がった。倉橋の提案する蘇生・再生はその後大きな反響と成功をもたらし、苦しい経営状態から飛躍的な繁盛宿になった事例が数多く生まれた。2015年突然の硬膜下血腫により他界。その思想は現在の倉橋建築計画事務所に脈々と流れ続けている。

株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所 代表取締役所長 倉橋英太郎 経歴
■ 生年月日
1950年(昭和25年)4月3日生
■ 取得資格
一級建築士 第146860号 昭和56年2月14日取得
日本建築家協会 登録建築家 20401842号
■ 経歴
1950年 松本市生まれ
1975年3月 金沢工業大学建築学科 卒業
1975年1月〜3月 BROOKS,HENSLEY,CREAGER ARCHITECTS,SPOKANE,WA.USA研修
1975年4月〜1983年3月" (株)伊藤建築設計事務所 勤務
1983年4月 倉橋英太郎建築設計事務所 開設
1988年 (株)倉橋英太郎建築設計事務所に改組
1991年 (株)都市文化研究所 併設
1994年4月〜2002年3月 信州大学社会開発工学科非常勤講師として勤務
2004年〜 NPO法人江戸城再建を目指す会アドバイザー
2005年4月〜2009年3月 長野県景観審議会 委員
2015年 他界
■ 所属団体 社団法人日本建築学会
社団法人日本建築家協会
社団法人長野県建築士会
社団法人長野県建築士事務所協会
社団法人国際観光施設協会
■ 執筆、掲載誌・TV出演の紹介
1999年 信州・こだわりの建築家ガイド 愛と情熱の家づくり((社)日本建築家協会JIA長野県クラブ/編)
2001年 建築設計資料81『旅館』(建築資料研究社)
    建築設計資料82『温泉・クアハウス2』(建築資料研究社)
    長野県の本物づくりの専門家1 家づくり・空間演出の六十人 〈長野県の本物づくりの専門家〉(SBC信越放送)
    「Bliss」長野県長野市・塩入邸
2002年 信州の建築家とつくる家 愛と情熱の家づくりvol.2((社)日本建築家協会JIA長野県クラブ/編)
    和風住宅 2003年版(新建新聞社)
2004年 和風住宅 2005年版(新建新聞社)
    大改造!!劇的ビフォーアフター(ABC・テレビ朝日系列、7月18日放映)
2005年 信州の建築家とつくる家 愛と情熱の家づくりvol.3((社)日本建築家協会JIA長野県クラブ/編)
    和風住宅 2006年版(新建新聞社)
2006年 和風住宅 2007年版(新建新聞社)
    大改造!!劇的ビフォーアフター(ABC・テレビ朝日系列、2月26日放映)
    風格ある和風住宅(ニューハウス出版株式会社)
2007年 信州の建築家とつくる家 愛と情熱の家づくりvol.4((社)日本建築家協会JIA長野県クラブ/編)
    和風住宅 2008年版 伝統の和、現代への融合(新建新聞社)
    リビング信州2008 信毎住まいづくりのガイドブック(信濃毎日新聞社)
2008年 信州の建築家とつくる家 愛と情熱の家づくりvol.5((社)日本建築家協会JIA長野県クラブ/編)
    和風住宅 2009年版 伝統の和、現代への融合(新建新聞社)
2009年 信州の建築家とつくる家 愛と情熱の家づくりvol.6((社)日本建築家協会JIA長野県クラブ/編)
2010年 大改造!!劇的ビフォーアフター(ABC・テレビ朝日系列、10月24日<前編>、10月31日<後編> 放映)
 
アメリカでの生活体験が「日本文化」を見直す契機となり。『建築』と『まち』に入り込み、諸々を解きほぐし、
新たな価値を持つものへと「蘇生・再生」することで、常に、そこに住まう者、訪れる者にうるおいとやすらぎを
与えることを目指した。各地の数多くの旅館・ホテル・商業施設・病院・住宅等を手がけると同時に、地域の
活性化・文化的街並修景を提案した。

スケッチをするある日の倉橋英太郎

設計実績  ブログ  事務所案内  仕事の流れ  お問い合わせ